2017年 9・10月 個人的映画ランキング

1 ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ
2 静かなる情熱 エミリ・ディキンスン
3 ドリーム
4 スイス・アーミー・マン
5 十年
6 彼女がその名を知らない鳥たち
7 エル ELLE
8 アウトレイジ 最終章
9 ブレンダンとケルズの秘密

映画#147 アウトレイジ 最終章

アウトレイジシリーズの最新作。ただアウトレイジは1作目で完結している感のある作りなので、前作ビヨンドの回収・続編と言った所。威勢のいい啖呵がシリーズの特徴で今回も歯切れよく出ていたが、さすがに1作目よりかは年月が経っているので少し大人しめな雰囲気に。塩見三省はともかくみなさん少し痩せた気が……。

映画#146 静かなる情熱 エミリ・ディキンスン

アメリカの詩人エミリ・ディキンスンの伝記作品。文芸系は今昔変わらない性格がちらほらある。台詞も詩的だが絶妙な翻訳でわかりやすい。若いエミリのブレない意思も後年気難しい性格となって世間から離れていく様が見られる。女優の好演もさることながら妹のヴィニーがとてもいい性格。

映画#145 ドリーム

実話を基にしたNASA勤務の女性の物語。ムーンライトに出演していた俳優が二人そろっていたり、久しぶりにケビン・コスナーを見たりとキャステングに目がいった。IBMのコンピューターが一部屋使う大きさの時代。女性の立場や人種問題を現代とほのかにリンクさせてメッセージとして伝えている様にも見えた。