日別アーカイブ: 2018年11月5日

映画#201 君の名前で僕を呼んで

同性愛のロマンスもの、性的な演出は結構濃いめ。興味ごとに欲望を持つ青年に、それを包み込める相手と理解してもらえる大人、この三者がバランスよく存在してまとまっていた脚本。詳細は伏せるが特にラストの締めがすばらしい。