日別アーカイブ: 2018年5月15日

映画#175 聖なる鹿殺し

コリン・ファレル主演のスリラー映画。映画で視聴を試してくるものがあるが、これは主人公が試されるのを覗いているような感じだった。神話を用いてオカルト要素も見えるが、バリー・コーガンの禁忌的な圧力が触れさせない。最後までスティーブンが利己的になったままなのもおもしろい。しかしあれでは当たらないでしょ。