月別アーカイブ: 2018年3月

映画#168 ローズの秘密の頁

小説原作のミステリー映画。ミステリーと言っても殺人や犯人探しあるわけではなく、一人の女性の一生を追った話。アイルランドの地方での、宗教的な事も含めどこか閉鎖的な生きづらさが描かれている。作中映画的な都合はいくつかあるものの、ラストはグッと来てしまった。神父役のテオ・ジェームズが男前。

映画#167 グレイテスト・ショーマン

ヒュー・ジャックマン主演、興行師バーナムをモデルにした作品。ミュージカル。歌部分の導入がとてもテンポよく、自分がミュージカルでよく感じる「え、ここで歌?」という間を感じなかった。ラストでテントサーカスの発祥も垣間見える。

映画#166 人生はシネマティック!

戦中イギリスを舞台にした映画制作にまつわる話。当時の女性の社会的立場から強く自立していく様な内容。俳優陣も初めて見る顔ぶれが多く、先入観なく没頭できた。そして劇中つくられた映画がなかなか面白そう。