月別アーカイブ: 2016年3月

映画#63 劇場版 ウルトラマンX きたぞ!われらのウルトラマン

日本を代表するヒーローの劇場版!ウルトラマンXはテレビドラマ版を全話視聴済み。ストーリーの大まかな流れは怪獣との対決がメインだが、テレビドラマ版も含めこのウルトラマンXのすばらしい所は演出!作り込まれた演出がシンプルな脚本にアクセントを要所で入れて来て飽きさせない。特に戦闘シーンは、冒頭でのウルトラマンとバルタン星人の戦い、Xio目線でフォローシーンや、ティガの登場シーンや空中戦などはファン感動もの。MATのテーマ(ワンダバ)と進めウルトラマンがかかってきたあたりで感極まって泣く。

映画#62 最愛の子

実話に基づいた誘拐事件の映画。中国で起きている誘拐事件の問題が描かれているが、物語中盤で一人っ子政策がある事をふと思い出させられる。ヴィッキー・チャオが育ての親として描かれているが、ちょっと同情はできない。
個人的に脚本は塩梅よく脚色されている雰囲気で、ホアン・ボーの演技も良かった。泣きの演技とかちょっとグッとくるものが。

映画#61 ヘイトフル・エイト

密室ミステリー作品。ちょっと血しぶき多めだが、どこかコミカルに感じるあたりとか独特。内容は裏をかく事無くしっかりミステリーで、スリリングな展開が楽しめる。3時間と長丁場だが章立てされているせいもあってかテンポが良い。
パルプ・フィクションやキル・ビルと比較したら割と王道な感じか。

まほろ座#3 Ray Dorsey Show!!! Ray Dorsey with His BAND

実はThe Driftersの世代でもなければほとんど聴いた事もないが、曲名だけでも知っている物は多かったので、正直ハズレはなかろうという意味で予約。
そんな元The DriftersのRay Dorseyさんのライブ。客層は年配の方多め。

最初のステージから、レイ・ドロシーさんの客席へぐいぐいと来る巻き込みが凄くて躍らざらるを得ない雰囲気……。
Stand by Me、Save the Last Dance for Meなどのほか、Can’t take my eyes off youなどのカバーも披露。
英語ながら日本に関する小ネタもちりばめられて飽きさせない。元The Driftersが日本のドリフのネタをやるなんてずるい。

映画#60 オデッセイ

火星脱出までのサバイバルを描いた映画。宇宙飛行士とはいえ、マット・デイモン演じるワトニーのメンタルがものすごく強い!それとも宇宙飛行士ってみなさんああいうタイプなのか……?
少し長丁場だが長さは感じさせない。後半ちゃんと食料節約でワトニーが痩せている演出も細かくて良かった。ピンチでもあきらめないメンタルも目を引くが、やはり科学で乗り切る知識に思わず唸る。