日別アーカイブ: 2015年11月30日

47 合葬

原作は未見で鑑賞。江戸から明治への転換期が舞台で、どこかふわついた、もやもやが抜けきらない人々の世界観が出ていておもしろい。新しく変わる者、変われない者、流される者、三者三様の人物像が、今の時代にも例えられるような表現だった。オダギリジョーと柳楽優弥の演技はもちろん、瀬戸康史の演技も味のある雰囲気。出演者でクウガとキバと思ったのは自分だけじゃない……はず。個人的には女郎のキャスティングが絶妙だと思った。