月別アーカイブ: 2015年10月

42 ベルファスト71

北アイルランドの紛争から脱出するサバイバルアクション。との紹介だが、単純明快なアクションではなく、紛争の側面をしっかりと描かれている。もちろんヒリヒリするような緊張感も。
序盤から何か能面のような俳優が印象に残るなと思ったら、結構キーマンでした。名前はバリー・ケオーガンという俳優でこれから売れるんじゃないかと予感!
http://www.71.ayapro.ne.jp/

41 探検隊の栄光

藤原竜也主演のバラエティ番組の裏側を描いたコメディ映画。演技や世界観は特に気にならなかったが、監督や俳優が笑いに近いタイプではない(と思った)せいか今ひとつギャグにのれなかった……。単に笑いのツボが合わなかっただけかもしれない。まぁこういう回もある。

40 人生スイッチ

ブラックユーモアを描いた短編集映画。タイトルは人生スイッチだが実際にスイッチのをポチッと押すわけではない。昔観た「バカヤロー!」という映画にイメージは近いが、最後に奇跡的なオチでユーモアたっぷりに落とし込む展開。個人的には後からジワジワくるようなギャグだった。「エンスト」「ヒーローになるために」「Happy Wedding」が面白い。
jinseiswitch.gaga.ne.jp/

39 アントマン

マーベルコミックス原作のヒーロー映画。マーベルも「え、これがヒーロー?」という様な奇想天外な主人公を描くが、それでもしっかりヒーローとしてまとめて来るのが巧い。ミクロ映画と言えばミクロキッズを思い出すが、それから年月がたって表現も感嘆するほどつくりこまれていた。
マーベルファン的には中盤ファルコンとの対決が見所か。例の如くエンディングではマーベル系次回作の予告らしきものあり。