月別アーカイブ: 2015年8月

映画ネタばっかり

2015年から備忘録を兼ねて観た映画をブログに書き、まとめとして二ヶ月ごとに順位付けしていますが、
映画素人のランキングとはいえ一応基準がありまして。

1 脚本(ストーリーや時間内のメリハリ等)
2 演出(テーマの伝え方や人物のセリフ、カメラワーク・BGM等)
3 世界観(ストーリーの世界観の表現、伝え方等)
4 キャラクター(登場人物の魅力、演技等)

上の順で評価をつけ、バランスよく全体が高い程順位が上になっています。
年末にランキングの上位3位を集めて年間トップ10をつけてみる予定です。今の所1位は……。
※ちなみに約二時間の枠でどう作られているかを見たいので前後編、3部作ものは基本候補に入れていません。

2015年 7・8月 個人的映画ランキング

1 野火
2 インサイド・ヘッド
3 フレンチアルプスで起きたこと
4 ザ・トライブ
5 マッドマックス 怒りのデス・ロード
6 ジュラシック・ワールド
7 アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
8 ターミネーター:新起動/ジェニシス
9 アリスのままで

34 フレンチアルプスで起きたこと

予告編ではわからなかったがブラックな雰囲気がある映画。生物的な男女の違いをブレずに映画化した感じか。スキー場の人為的な雪崩(雪煙がかかるくらい大きめ)に対して、一家の主が一目散に逃げた事を妻に詰められる。正直責めないでほしい物だが……。もし実際にこの話題をするのであれば、男性の自尊心を傷つける場合があるので注意。
www.magichour.co.jp/turist/

33 ジュラシック・ワールド

シリーズ4作目、恐竜のパニック映画。名前が過去作から少し変わっているが、内容は1を観た人がより楽しめるものになっている。2Dで鑑賞したが3Dの方が迫力あって面白いと思う演出がチラホラ。しかしこういうテーマパークがあればぜひ行ってみたい。
www.jurassicworld.jp/

32 野火

予告編に釣られて鑑賞。原作も未見。脚本と映像のリアリティがつくりこまれており、豹変していく人間性の物語にグイグイ引き込まれる。フィリピンの原生林が厳しくもカラフルで美しく、生死を彷徨う兵士との対比が印象に残る。ラストシーンは原作や1959年の映画と違う模様、個人的には今作の方が好み。
http://nobi-movie.com/