月別アーカイブ: 2015年7月

29 インサイド・ヘッド

擬人化した感情が活躍する映画。年頃の子の感情を基に描いたシナリオが秀逸!結構感情の擬人化はカットイラストの雰囲気で描かれることはあっても、物語にまでしたのは初めて観る。思い出や妄想の世界観もキャラクターにマッチしていた。合間にガムのテーマ曲とか思い出あるあるを差し込んでくるのもニヤリとする。竹内結子と大竹しのぶの吹き替え演技が光る。そういえば本編前に短編アニメが付いていたけどあれは最近の流行りなのだろうか。
http://www.disney.co.jp/movie/head.html

28 アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン

マーヴルスーパーヒーローズが活躍する映画の第二作目。前作より果たして面白くなっていただろうか?結果はエンターテイメントとしてしっかりパワーアップしていた。告知ポスターはアイアンマン全面推しで今作の敵ウルトロンもトニースターク絡みだったが、しっかり登場人物全員に見所があり、前作にはなかったキャラクターの背景も描かれている。スカーレット・ウィッチの登場が功を奏したようだった。次回作はアントマンも合流の流れか
http://marvel.disney.co.jp/movie/avengers.html

27 アリスのままで

若年性アルツハイマー病を扱った映画。前半は主人公アリスが病気の発症に気づき、気丈にも奮闘していく姿が描かれ、後半は家族の介護に関する展開が中心。家族愛が描かれているが、うがった見方をすると後半の雰囲気が変わる……。重い題材だがさっと観た方がよいかも。個人的山場は中盤アリスのスピーチ。
http://alice-movie.com

26 マッドマックス 怒りのデス・ロード

過去作は未見なので初マッドマックス。マッドマックスより先に北斗の拳を見ていたので世界観が被るがこちらが本家とも言える。全体通してカーチェイスで、背景も基本砂漠が続くが、武器や車、衣装など、細かい部分観ながらだと良くつくりこまれているのがわかるので観て見てほしい。あの世界観からハチャメチャな部分だけを映画に出した感じだが、爽快感があって面白い。オープンワールドのゲームがあったらやってみたい。
http://wwws.warnerbros.co.jp/madmaxfuryroad/