月別アーカイブ: 2015年3月

11 イントゥ・ザ・ウッズ

今年11作目の映画鑑賞は『イントゥ・ザ・ウッズ』。
全く予備知識無しで行ったらまさかのミュージカル。おとぎ話の主人公オールスターだが、キャラ設定は一つの世界観に再構築した模様。各おとぎ話を知ってないと楽しめない内容かも。ラプンツェルは観てないしジャックと豆の木は概要しか知らなかったので謎な点も。個人的見所はシンデレラの王子が濃すぎで笑いを誘う点。
http://www.disney.co.jp/movie/woods.html

10 アメリカン・スナイパー

今年10作目の映画鑑賞は『アメリカン・スナイパー』。
実話を基にした戦争映画。珍しく主役が狙撃手。全体的に内容はハードで後味は悪いが面白い作品。注目してた狙撃シーンは緊張感があり、狙撃の役目もわかりやすく説明されていると思う。内心「撃て!」と思った人も多いのでは。似た心情を描いたハート・ロッカーは開き直った様な終わり方だったが……。
http://wwws.warnerbros.co.jp/americansniper/

9 幸せのありか

今年九作目の映画鑑賞は『幸せのありか』。
実話が基となっている脳性麻痺を患った男性の映画。少々ナーバスな題材だが、基本は年頃の男性の目線で進むので、重々さはなく明るい雰囲気で面白い。主演俳優の演技は必見、身体の作り方も良い。気になったのは邦題。「幸せの○○」という題は既視感がありすぎる。英題の「Life feels good」でいい。
http://www.alcine-terran.com/shiawase/

2015年 1・2月 個人的映画ランキング

1 ゴーン・ガール
2 シェフ 三ツ星フードトラック始めました
3 ビッグ・アイズ
4 人生に一度のひとめぼれ(原題:Love at First Sight)
5 みんなのアムステルダム国立美術館へ
6 ベイマックス
7 マッハ!無限大
8 チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密

8 シェフ 三ツ星フードトラック始めました

今年八作目の映画鑑賞は『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』。
アイアンマンの監督が製作主演の料理映画。スラングが多いが主役は一流のシェフ、仕事への情熱などが熱く説教っぽい感じは好み。料理のシズル感はもちろん、役者が大変旨そうに食べる。レイトショーでは見ない方が良い。友情出演か豪華な俳優が要所で出演している。
http://chef-movie.jp