カテゴリー別アーカイブ: 映画

映画#137 スパイダーマン:ホームカミング

映画版スパイダーマンの新作。予告やキャプテン・アメリカからわかるようにアベンジャーズシリーズの一幕だ。マーベルの映画はほぼアベンジャーズに向けて作られているが、単独でもしっかり脚本ができてていい。映画版としては3シリーズ目にあたり、主要なあらすじは大幅カット。これも過去作を見た側からするとスピーディでうれしい。若手のフレッシュなムードと脇役のキャタクターが魅力的。

映画#135 夜空はいつでも最高密度の青色だ

個人的にはアタリの邦画。原作は詩集がベースでそれに脚本を加えた作品で、セリフの所々に詩がちりばめられている。小ネタや演出部分も凝っていてクスッと笑えるところも。東京生活っぽい雰囲気をらしさたっぷりにラストはカタルシスのあるシーンで締め。

映画#134 皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ

イタリア産ダークヒーローの作品。鋼鉄ジーグ自体に直接的なつながりはなし。アニメのジーグは主題歌だけでも予習しておくと面白い。ダークヒーローの誕生前夜なストーリーで暗め。falloutの様なスラム街と音楽、ヒロインのぶっ飛んだ演技も見所。

映画#133 ライフ

宇宙生命体が登場するSF映画。パニック要素あり敵の斬新なデザインありと見どころはあるが、皮肉たっぷりのラストがハイライト。宇宙からの帰還ものだとグラビティやオデッセイと比較になるが、その中では割と安定感あるオチ。