カテゴリー別アーカイブ: 町田

まほろ座#6 MiMi & BLACKO アイリッシュライブ

初めて聴く楽器ハンマーダルシマーの奏者MiMiさんと、ギターBLACKO氏のユニット、ハンマーダルシマーをYouTubeで観た時は荘厳な雰囲気があったが、昨夜の曲はカジュアルで聞きやすい曲のラインナップ。
BLACKO氏のプロフィールには「パブで鍛え上げられた〜」と書いてあり、行った事ないがアイルランドの海岸沿いの潮風ってこういう雰囲気なのかな〜というていで聴き入った。
好きなジャンルでじっくり聴いていたが、奏者は飲み食いしながらと言ってたからレストラン営業向けユニットなのだろうか。
アイリッシュ音楽は制作中にBGMとしてよく聞いているので、ライブで聴けたのは感激だった。

まほろ座#5 まちだガールズシアター Vol.2 まちだガールズクワイア

初まほろ座だった時に出演していたまちだガールズクワイア。
時々まほろ座のレストラン営業で観ているが、新曲リリースのイベントという事で行ってみた。席も完売と人気の様子。

前座で音楽プロデューサーの、石田ショーキチ&佐々木良の両氏による生演奏で始まる。さすがにトークも軽快。セルフカバーも披露していたが、生演奏もあって、前座なのに迫力が違う。
メインステージのまちだガールズクワイアは新曲を中心に披露。いつもの公演と違いトークは程々に進む。新曲はアイルランド音楽の雰囲気で軽快な振付がピッタリ。コーラスの部分も強く出ていて好み。尺の問題もあるが、途中のソロは生演奏で聞けたらと思うが贅沢か。

最後にアイドルのイベントらしい事を味わおうと、人生初のチェキを体験。
名前をコールするシステムで、小っ恥ずかしかったが、普段中々ない経験。

ゲスト出演で小田原ご当地アイドルぷらむ○ガーデンが出演していたが、
まさか地元で故郷近くのご当地アイドルを観る事があるとは。

まほろ座#4 まほろ座ベリーダンスナイト

ベリーダンスは初鑑賞。平日なので諸々仕事を終えて2ndステージから。
入場前からやいのやいのと賑やかな歓談の声。お客さんはほぼ一杯。
正直なところ初見だし、それほど期待していなかった。レストラン営業の日でもあったし。
しかし所変わればセクシーの見せ方も変わるもの。想像を超えるパフォーマンスに驚き。
ゲーム好きな方にはわかるかもしれないが、ドラクエ4に出て来る踊り子マーニャが目の前にいる感じ。
そして2nd・3rdステージともに、後半はお客さんをステージに上げて踊るという巻き込みパフォーマンス。
おもしろいのは上がったお客さんもまんざらでもなく、みなさん見せる踊りが違っていたところか。

まほろ座#3 Ray Dorsey Show!!! Ray Dorsey with His BAND

実はThe Driftersの世代でもなければほとんど聴いた事もないが、曲名だけでも知っている物は多かったので、正直ハズレはなかろうという意味で予約。
そんな元The DriftersのRay Dorseyさんのライブ。客層は年配の方多め。

最初のステージから、レイ・ドロシーさんの客席へぐいぐいと来る巻き込みが凄くて躍らざらるを得ない雰囲気……。
Stand by Me、Save the Last Dance for Meなどのほか、Can’t take my eyes off youなどのカバーも披露。
英語ながら日本に関する小ネタもちりばめられて飽きさせない。元The Driftersが日本のドリフのネタをやるなんてずるい。

まほろ座#2 日米 Jazz connection 丹精&friends×Plan B

この日は仕事が数件まとめて一段落という事もあり、まほろ座でビールと音楽!と決めていた。
前回は女性でコーラスという事も合ったので、次は店の雰囲気にも合いそうな、ジャズはどうだろうかと考えていた。

スタートはジャズからのパワフルな演奏で聞き入る。
一杯やりながらの音楽ライブは最高と感じるひととき。ゆっくりできるというのもあるが、自分の為に演奏してくれるという様な錯覚もあるからだ。

後半ステージはタップダンサーの丹精さんのタップダンスとジャズのセッション。
前知識なしで観たタップダンスだったが、初めて見た事もあり、感激して珍しくのってしまった……。
ステージの盛り上げ方にも貫禄あり。もう一度観てみたいと思えるステージだった。