映画#122 ゴースト・イン・ザ・シェル

アニメ映画化もされたコミックの実写版。アニメ版を初めて見た時は世界観についていくのがやっとだった思い出。年月はたったが、実写化も可能になったCGのクオリティ効果もあり、世界観は早めに序盤で把握できると思う。素子に感情移入できるポイントが掴めればラストまで食いつける。上映前はスカーレット・ヨハンソンが演じる事に違和感のある声も多かったが、観てみれば西洋人の素子にしたのは正解に思える。