映画#79 葛城事件

死刑囚の家族を描いた作品。
個人的には今年見た邦画でかなり面白い作品だが、内容が内容なだけに後味は悪い。誰もがなりうる暗い可能性を見せてくる脚本で、死刑囚の犯罪衝動への解決が見つからなくてやるせない気持ちに。
気になったのは、物語のポイントで度々食事のシーンが登場する。その際に食べているのがほとんどコンビニ弁当。偶然にも?上映前に某コンビニのCMが食材の安全と美味しさを明るい雰囲気で広告していて、そのギャップにコンビニ弁当のあり方を考えてしまった……。