映画#62 最愛の子

実話に基づいた誘拐事件の映画。中国で起きている誘拐事件の問題が描かれているが、物語中盤で一人っ子政策がある事をふと思い出させられる。ヴィッキー・チャオが育ての親として描かれているが、ちょっと同情はできない。
個人的に脚本は塩梅よく脚色されている雰囲気で、ホアン・ボーの演技も良かった。泣きの演技とかちょっとグッとくるものが。