映画#186 バトル・オブ・ザ・セクシーズ

最近実話ベースの映画はメイクをいい具合に似せてきていい。オチやメッセージは今時さを感じさせつつもバトルものの展開が熱い。対決の演出にもビリーに期待を寄せる人たちの一挙動にグッとくる。この個人にも団体にもリスキーなマッチメイクが実現したのもの面白い。スティーヴ・カレルはコメディ出身からかギャグの姿は冴えているように見える。終盤ビリーの「ボビーはピエロだがオメーはガチだからダメだ」(ぽい感じ)のセリフに笑う。