映画#184 ピーターラビット

予告も未見で鑑賞したが、絵本のほんわかしたムードと違ってドタバタコメディに仕上がっていた。CGのクオリティも見事だったけども動物らしい動きと笑える動きも出てて見飽きない。キツネが家から出てくるシーンが酔っ払いのオヤジそのものだった。ギャグも時間にたっぷり詰まっていて会場は要所要所で笑いが起きていた。過激な表現に見える所もあるが、ウサギだから容赦なくやってしまう妙な納得感。劇中でその落とし前はつけることになってしまうが。