映画#183 万引き家族

カンヌのパルム・ドール受賞作品。初見で驚いたのは樹木希林のお婆さん感。いつも説教っぽい老人の役が多いのに対極になるような変貌ぶりに驚いた。また終盤では柴田一家のダークサイドな様相と口調で演出されており、一気に現実に戻される感じがした。監督の言う「小さい物語」というのは十分に伝わる映画だった。