映画#172 パシフィック・リム: アップライジング

巨大ロボVS怪獣のアクション映画。前作から10年後が舞台。今作のイェーガーパイロットはルーキーが中心。怪獣のアクションも前作比で少なめで、量産機の登場や敵本隊のキャラクター登場など、続編として見あった脚本だったと思う。盛り上がる事必須なあのテーマソングの使用は少なめでやや物足りない。今回は吹き替え版を観たが、吹き替えよりも字幕版をオススメする。英語で「マウントフジ」(多分そう言ってる)を聞くのが外国産ロボット映画の楽しみである気がする。

ちなみに今回初めてMX4Dを体験してみた。映画に没入してしまうのでそこまで効果的な感じは得られなかったが、ハードコアのようなFPSっぽい映画とかには相性いいかも。