映画#142 ブレンダンとケルズの秘密

海外の長編アニメーション作品。海外アニメを映画で見る場合はディズニー系が多かったりするがこちらはヨーロッパの作品。ファンタジックでデフォルメされた絵柄が可愛らしい。しかし内容は時代的な思想も含めた世界観なので、ディズニーやピクサーの脚本に慣れていると肩透かしをくらう可能性高い。

映画#141 ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ

マクドナルド創業者の物語。創業者の話だがマクドナルドの協力はいっさいなしだそうだ。マクドナルド兄弟から商売の権利を乗っ取る話ではあるから仕方あるまい。どちらかに偏る事なく割とフェアな描かれ方をしている。個人的には両者ともビジネスマンであり、レイ・クロックが上手だった……という印象。ラストで語られるが、乗っ取りを成就するまで本当に「色々」やったはず。見る人を試す内容でもあると思う。

映画#140 エル ELLE

上映館が少ないためかシネコンで珍しく当日売り切れていた。満を辞して売り切れの翌週予約して劇場へ。サスペンスだが見所はイザベル・ユペールの演技、還暦過ぎているが女優のオーラが他の俳優と違う。ラストは個人的にコント的に感じるが面白いので良い。劇中登場する開発中のゲームがあまり面白そうじゃないのツッコミどころ。

2017年 7・8月 個人的映画ランキング

1 皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ
2 夜空はいつでも最高密度の青色だ
3 ワンダーウーマン
4 スパイダーマン:ホームカミング
5 ジョン・ウィック:チャプター2
6 ライフ
7 歓びのトスカーナ
8 劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング
9 未来よ こんにちは

映画#139 ワンダーウーマン

DCコミックスの漫画実写作品。原作は未見。個人的見所は序盤のアマゾン族による弓矢の戦闘シーン。あんなカッコいい弓矢のポーズは初めてかもしれないです。あとは主役のガル・ガドットがたくましいアマゾン族にハマリ役。