映画#164 羊の木

漫画が原作のサスペンス映画。ジャニーズ主演は久しぶり。松田龍平の役でなんとなくキーマンがわかってしまう主役級のジレンマ。元犯罪者のキャラクターも凄みがあるが、のろろ祭りのムードが地方の雰囲気もあって怖さを感じる。

映画#163 キングスマン: ゴールデン・サークル

映画キングスマンの続編。前作と比べると世界観を広げた分ちょっと勢いに物足りなさを感じた。ブラックコメディ要素は主にエルトン・ジョンに集まった。見どころは前作で死亡したと思われたハリーの復活劇と、テンポよく見せる退屈させないアクション。ハル・ベリー、チャニング・テイタムは次回作か。

映画#162 スリービルボード

娘を殺された親が広告に警察へのメッセージを描いたドラマ作品。怒りが怒りを呼ぶ展開と収束していく感情を描いた物語に引き込まれる。どれを主人公にとっても感情移入できそうな脚本でもある。主演のフランシス・マクドーマンドどこかで見覚えがあると思えばファーゴの人。ごついママ役がハマり役。

映画#161 女神の見えざる手

ロビイストもモチーフにしたサスペンス映画。モンスターの様な主人公のキャラクターに魅力があり続編があれば観てみたい。敵にもしたくないし味方でも困りそうな仕事っぷりで、目的への義務がプロ、の心情が強く描かれた作品だった。大逆転ものの王道とも言える様な運びで鑑賞後の爽快感はひとしお。BGMも個人的には好み。

映画#160 バーフバリ 王の凱旋

インド製作のアクション映画。続編もので前作は未見だが、あらすじはわかりやすくフォローされているので問題なし。一見するとおバカ映画の様にも見えるが内容はいたって真面目でギャグ要素はなし。しかし終盤戦闘シーンで外壁から突撃するシーンには思わず笑みがこぼれた。